アボカド ダイエット

アボカドのダイエットは、食事の前に1日に1個分のアボカドを食べるだけの簡単なダイエットになります。
このダイエットを行うには、通常の食事を腹八分目ぐらいにします。
アボカドは「森のバター」とよく言われているように脂肪分が多そうなのですが、その脂肪は中性脂肪になりにくいため、体に悪い脂肪が増えないということで太りにくくなります。
アボカドの特徴は、脂肪燃焼を促進させる効果やデトックス効果、健康効果などが上げられます。
栄養価が高いということでバナナがよく取り上げられ、最も栄養価の高い果物の一つとしても認められています。

コレステロールを下げる不飽和オレイン酸やリノール酸、リレイン酸やビタミンA・C・E、マグネシウム、リンなどのミネラルに加え、食物繊維、コエンザイムQ10なども含まれています。
そのため満腹感もあり、通常の食事の前に食べることで普通の食事の量が抑えられる効果もあり、アボカドのダイエットが可能になるわけですよね。
近年の研究では、アボカドにリパーゼが含まれていることも分かりました。
リパーゼは消化酵素の一つで、体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する働きがあり、脂肪を分解するのでダイエット効果が得られるということです。
リパーゼが含まれている食品には納豆などもあり、一緒に食べることで相乗効果が得られます。

このアボカドダイエットががぜん脚光を浴びたのは、昨年テレビで放送されてからです。
芸能人が真剣にダイエットにチャレンジし、好結果が得られて注目されるようになりました。
3ヵ月で最終的に体重が約6㎏、体脂肪率が約11%、ウェスト約10㎝減少しました。

それがアボカドダイエットの人気の火付け役になりました。
やはりアボカドを毎日食べ続けるのは難しいようで、番組内ではバラエティに富んだレシピを工夫していました。
豆乳と混ぜてアボカドジュースにしたり、前述のように納豆と混ぜてアボカド納豆にして食していました。
アボカドは、基本的にカロリーが高いので食べ過ぎは厳禁で、食事も腹八分目にすることでアボカドダイエットの効果は高まります。

Leave a Reply

*