スキンケアと油・栄養素の関係

スキンケアのためには、血液をサラサラにすることが大切です。

そのためには、脂質の摂り方が重要になってきます。魚の油はよいですが、肉の脂は摂りすぎを避けてください。肉の脂は血管壁に付着しやすいのです。血液ドロドロの原因になるとともに、肥満も促進してしまうのです。また、ニキビのリスクにもなります。魚の油は、常温でも固まらない性質があります。

そのため、血管壁に付着しないのです。むしろ、血液をサラサラにする役割があります。この作用は、美容にもよいものです。脂質には2つの種類があり、脂は固形、油は液体であるのが一般的です。肉類をよく食べる方は、ヘルシーな鳥肉をおすすめします。脂質の摂りすぎは、皮脂の分泌を増加させます。皮脂が原因となって脂性肌になったり、ニキビが発生したりすることがあります。スキンケアに役立つ栄養素には、イソフラボンがあります。女性ホルモンに近い性質がありますが、こちらは副作用がありません。大豆に多く含まれている食品由来の成分なので安心です。イソフラボンは、中年以降の女性に必要となります。サプリメントで補給してください。若い女性の場合は、特に意識して摂る必要はありません。タンパク質は積極的に取り入れてください。肌の構成成分こそがタンパク質なのです。お菓子ばかり食べていると肌状態が悪くなるのは、タンパク質が不足することが一つの原因です。お菓子には脂質・糖質が大量に含まれており、カロリーは非常に高いのですが、タンパク質とビタミン・ミネラルが少ないという特徴があります。お菓子を食べることで満腹になり、ご飯を食べられなくなるので、体の栄養バランスが崩れてしまうわけです。タンパク質のなかでも特にスキンケアと関連性の深いのはコラーゲンです。体を構成する成分の一つなのです。若いころは十分な量のコラーゲンが生成されますが、加齢によって減少していく成分です。コラーゲンは、スキンケア用品にも含まれていますが、体の内側から摂取したほうがよい働きが期待できます。肌というのは、体の内側から作り上げていくものです。外側からのケアも大切ですが、それ以上にバランスのよい食生活や適切な睡眠、ストレス解消などの習慣が大切なのです。コラーゲンを食品として補う場合、牛すじ、豚肉などがおすすめですが、脂質の摂りすぎの心配もあります。吸収率にこだわるならば、コラーゲンドリンクがおすすめです。サプリよりもスムーズに吸収されます。

Leave a Reply

*