ダイエット 体脂肪

ダイエットとは結局のところ、健康の害となる余分な体脂肪を減らし健康な体を作り上げることが目的であるともいえます。
ただ単に体重を落とすということで、ダイエットを行い、筋肉を落として体脂肪をそのままとして体重を落としてもそれはダイエットとは言えません。
ダイエットは体脂肪を燃焼させ、体に余分な体脂肪がたまらない体を作ることが大切になります。
そのためには、基礎代謝量を上げる筋肉量を落とすダイエットは意味がありません。

そのようなダイエットは体脂肪がたまりやすい体を作ってしまい、逆にリバウンドして元のよりももっと不健康な体になり、痩せにくい体を作ってしまいます。
ダイエットは体脂肪をいかに効率よく燃やすかということが大切な視点になります。
そのためには、血液の中に体脂肪が溶け込んでいるときに運動をするというのが効果的な方法であるといわれています。
その運動方法とういうのが有酸素運動と、マッサージの組み合わせです。

マッサージによって一時的に脂肪は血管の中に溶け込んでいきます。
そのときに運動をして、体脂肪を燃焼させることで、体に体脂肪がたまらず、効果的なダイエットができるといわれています。

また、運動によるダイエットは体脂肪を減らすために重要な基礎代謝をアップする効果があるのです。
運動は単にカロリーを消費したというだけではなく、その運動によって筋肉活動や血流が活性化され基礎代謝がアップします。
単純にこの運動をしたらか何カロリー消費したという話ではなく、運動によるダイエットが体脂肪を燃やしやすい体を作りにつながるということです。
確かに社会人になってしまうと中々運動の時間がとれないと思います。
そこは日常の中でなるべく階段を使う。

よく歩くといった方法で、筋肉に刺激を与えることが大切です。
そのことが間接的に脂肪を燃焼しやすい痩せやすい体つくりにつながります。
ダイエットは体脂肪をいかに減らすかということであると考えれば、やはり運動は非常に効果的なダイエットであるといえるでしょう。

Leave a Reply

*